Amazon Web Services をはじめよう

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「Amazon Web Services をはじめよう 」を公開しました。
みなさんはじめまして。塩尻オープンソースラボの小澤と申します。今回より「今からはじめる Amazon Web Services」と題して、このコラムを担当させていただくことになりました。よろしくお願いします。

急拡大するクラウドサービス
 近年、企業がビジネスを展開していく上でクラウドサービスを活用することは一般的となりました。Webサービスをビジネスの主柱としているようなスタートアップ企業ばかりでなく、あらゆる業界において積極的な活用が見られます。それにともない、エンジニアがクラウドサービスを駆使した開発をおこなう機会は急速に増えていますし、今後も増え続けることは間違いないでしょう。このコラムでは、数あるクラウドサービスの中で最も利用されている「Amazon Web Services(AWS)」に注目し、AWSが提供しているさまざまなサービスの機能や特徴を紹介しながら、導入方法や使用方法、活用事例、最新動向を取り上げていきます。AWSを使いこなせるように一緒に学んでいきましょう。

Amazon Web Services
 さて、AWSは2006年にITインフラストラクチャサービスとして提供が始まりました。それ以来、低コスト、柔軟、オープン、安全というメリットを背景に、導入数は拡大し続けています。2015年6月に開催されたAWS Summit Tokyo 2015には2日間で延べ10,000名を超える来場者があり、そのことからもAWSの注目度や勢いを窺い知ることができます。そのAWS Summit Tokyo 2015の基調講演に登壇したアマゾンデータサービスジャパンの長崎社長は、「クラウドはニューノーマル(新常識)となった。重力には逆らえない。クラウドへの流れはもう止められない」と述べています。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/amazon/columns/ozawa/ozawa01.html

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]