セキュアな企業サイト運営を実現するためのCMS活用セミナー

最新のWebサイト改ざんの実態と、改ざん被害にあった場合にどのような影響があるか、それを踏まえたWebセキュリティへの対策と活用事例をご紹介。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Webサイトの重要性が高まる現在、Webサイトのセキュリティ性を高めることの重要性はご存じのとおりです。
しかし、どうすれば自社サイトをセキュアに保ち運営できるのかお悩みの方は多いのではないでしょうか。

当社では、改ざん検知・自動復旧ツール「ウェブアルゴス」の製造元であるデジタルインフォメーションテクノロジー様と、セキュリティ要件の高い金融機関様などでの導入実績が豊富な、商用CMS製品「WebRelease」の製造元であるフレームワークスソフトウェア様をゲストにお迎えし「セキュアな企業サイト運営を実現するためのCMS活用セミナー」を開催します。

本セミナーでは、最新のWebサイト改ざんの実態と、改ざん被害にあった場合にどのような影響があるかを解説。それを踏まえたWeb改ざん対策として、Webセキュリティへの対策と活用事例をご紹介します。さらに、それらのソリューションを活用した、セキュアでロバストなWebサイト運用のプラットフォーム構築を実現する当社のアプローチをご紹介します。

セミナー概要

セミナータイトル
~改ざん検知・自動復旧ツールとエンタープライズCMSではじめるロバストなサイトづくり~
セキュアな企業サイト運営を実現するためのCMS活用セミナー
受講料
無料(事前申し込み制)
セミナー日時
2015年9月11日(金)15:00~17:00(受付開始14:30より)
講師
デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社 商品開発部 企画営業グループ 部長 橋本 円 氏
株式会社フレームワークスソフトウェア 代表取締役 桝室 裕史 氏
株式会社ミツエーリンクス システム本部第二部部長 榛葉 裕幸
場所
株式会社ミツエーリンクス
本社 セミナールーム
会場までの地図
対象となるお客様
安全・安心・確実に自社サイトを運営したいIT部門・Web関連部門の担当者
最新の改ざん対策を知りたいIT部門・Web関連部門の担当者
高いセキュリティ基準を満たしたサイト運営を実現したいIT部門・Web関連部門の担当者
CMS導入プロジェクトを推進する立場にあるIT部門・Web関連部門の担当者
※ 弊社と同業の企業、および個人の方のお申し込みはご遠慮ください。
定員
30名様

お申し込みおよび詳細については「セキュアな企業サイト運営を実現するためのCMS活用セミナー」をご覧ください。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ICP
「ICP(Internet Content Provider)ライセンス」と呼ば ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]