WEBサイトで使えるかもしれない心理学(IKEA Effect)

青と黄色でお馴染みIKEAに関する心理学とは!?
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

青と黄色でお馴染みIKEA。
自分自身で作りあげる商品が沢山あり、自宅でコツコツと作業をした方は多いのではないでしょうか。
そして完成した時になんだかすごく満足したことはありませんか?
今回はHarvard Business SchoolのMichael I. Nortonなどが 発表したThe “IKEA Effect”:When Labor Leads to Loveを取り上げてみます。

IKEA Effectとは

IKEA Effectの研究ではレゴや折り紙、IEKAの商品に対して、いくら支払えるかという実験を行いました。
どの商品も①自分で作ったものと②既成品で価格の比較を行いました。

折り紙の実験では、下記の図の様に既成品のものよりも自身が作ったカエルや鶴に非常に高い費用を示すようになりました。
WEBサイトで使えるかもしれない心理学(IKEA Effect)
同様にIKEAやLEGOも自分で作った方に対して、高値を付ける結果となっています。

当然といえば当然なのかもしれませんが、自分が作業した分、例えヘタクソであったとしても自分にとっては価値が高くなっていきます。

研究発表のタイトルに「When Labor Leads to Love」とあるように労働が愛情へと変わっているのです。
皆さんも何時間も時間をかけたPowerPointの資料に満足し、いざ発表してみると反応がいまいちだった経験があるのではないでしょうか。

WEBサイトでの活用方法についてはこちら!
http://skan.in/2014/11/28/phy-ikea-effect/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

クチコミ
情報が人から人へと口伝えにつたわること。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]