Google「外部からの不自然なリンク」ペナルティを受けたままSEO対策しても順位は上がるのか?

今回は、ペナルティを受けたまま、SEO対策すると順位が上がるかどうかを実際に試して見ました。

SEO実験ブログ SEOラボ
http://seolaboratory.jp/

元の記事
http://seolaboratory.jp/penalty/14081335.php

今回は、ペナルティを受けたまま、SEO対策すると順位が上がるかどうかを実際に試して見ました。

順位の推移図
http://seolaboratory.jp/about/penalty5.jpg

  • 2014年4月11日 外部からの不自然なリンク ペナルティを受ける
  • 2014年4月20日 順位が9位に下落 その後10位まで下落
  • 2014年5月23日 パンダアップデート4.0で7位まで上昇
  • 2014年7月3日  タイトル変更・ページにコンテンツ追加
  • 2014年7月5日  順位上昇 6位
  • 2014年7月8日  順位上昇 4位

Googleの「外部からの不自然なリンク」のペナルティを受けても順位あまり下落せず、内部対策をすることで順位上昇した事例です。

2014年4月11日にサイトへの不自然なリンクのペナルティを受けました。

その直後に6位前後だった順位が10位くらいまで下落しましたが、何もしないのに5月21日のパンダアップデート4.0で順位が上昇。

その後、タイトルの変更とページのコンテンツ追加を7月3日に行い、最終的に4位まで上昇しました。

サイトへの不自然なリンクのペナルティは、リンクが対象になっていて、その対象になっているリンクによって、順位への影響度がかなり違います。

順位上昇に重要だったリンクがペナルティの対象になっていた場合は、順位は大幅に下落し、反対にあまり準用でないリンクだった場合は、あまり下落しません。

さらに順位が下落しなかった場合は、内部対策などのSEO対策をすることによって、順位が上昇する可能性があります。

この事例は、まだペナルティを解除していませんが、まだビックキーワードで4位でいます。

 

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]