Ruby on Rails 短期習得プログラム(教材+講習+試験で4千円~/人)

Ruby on Rails 短期習得プログラム(教材+講習+試験で4千円~/人)
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

この度、Rails技術者認定試験オーナーであるヒューマンリソシアにて、2月22日にRailsブロンズ試験対応書籍+トレーニング+試験チケットで4千円~で参加できる特別プログラムを開催します。

生産性が高いといわれるRuby on Railsは、数々の大手企業が採用しており Ruby、Ruby on Railsを使用できるエンジニアの需要は高まっていくと考えられます。しかし、数多くあるフレームワークの中でもRuby on Railsで構築するとなぜ短期間でできるのでしょうか。他言語との違いは? フレームワークの仕組みはどのようになっているのでしょうか。

そこで、今回のプログラムでは、実際に簡単なWebアプリケーションを構築し、Ruby on Railsの効率の良さを体験していただくセミナーを開催いたします。このセミナーに参加することで、Ruby on Railsの基礎やプログラミングの仕組みを学ぶだけでなく、受講後も基礎スキルを習得していただくために、独学用の書籍と Rails技術者認定ブロンズ試験チケットをご提供いたします。段階的に学習していただくことで、効率的にRuby on Railsの基礎力が身に付くお勧めのプログラムです。

なお、本プログラムはヒューマンリソシアに派遣登録をされない方も参加できます。

詳細は以下に記載がありますので、ご覧の上、是非この機会に参加ください。

Ruby on Rails基礎固めプログラム
http://resocia.jp/skillup/ruby201402/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]