Joomla 3.0でCMSの情報発信スタイルが変わる

Joomla CMS 3.0がノートPCでの情報発信スタイルをタブレットに変える。

Joomla CMSは、PCを前提に一般ユーザーが情報発信できるツールとして使われてきた

PC以外での端末機器では、ページ作成が出来なかったからだ。そのために、いつも、重たいノートPCを持ち歩きながらカフェで情報発信をするという状況があった。

Joomla 3.0では、情報発信のスタイルが劇的に変わるかもしれない!

Joomla 3.0 Alpha-2を実験でさくらインターネットにインストールしてみた。本来ならば、Local PCでWAMPやXAMMPを使って実験すべきなのが普通なのだが。それは、既にやったので実際のレンタルサーバー環境でどうなるかを知りたかった。

Joomla 2.5.の場合と違う点がある。それは、php.iniの設定である。

これがクリアー出来れば、スムーズにインストールが完了する。インストールの途中でテストサンプルを導入するか、しないかを問うページに来る。テストサンプルを導入するに設定する。

インストール完了後、iPadで早速Joomla 3サイトにアクセスして、ページ作成がどんな感じで出来るかを確認した。PCでページを作成すると同様に簡単にiPadで作成が出来た。iPhoneではまだ検証していないがたぶん大丈夫だろう。

現実の話、iPhoneやアンドロイドでページ作成するのは面倒と思う!

やはり、

iPadなどのタブレットとKeyboardで情報発信するケースが多くなるだろう。Joomla CMS 3.0で構築されたサイトならば、タブレットとキーボードさえあればノートPCはいらない。

商用版のJoomla 3.5がリリースされるまで1年以上あるが、その間にJoomla 3.0を使った実験サイトが沢山生まれ、タブレットで情報発信をするJoomlaユーザーが増えるだろう。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセシビリティ
広義には、障害者、高齢者を含むすべての人間が、同じレベルでサービスや機器、施設を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]