TOBESOFTがビジネス・ユーザ・エクスペリエンス(BUX) のホワイトペーパーを公開しました

ユーザ・エクスペリエンス(UX)のホワイトペーパーを公開しました
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 こんばんは。吉政創成の吉政でございます。ご存知の方はよく知っていると思うのですが、UXについては韓国はかなり進んでいます。その韓国のUXトップベンダーであるTOBESOFTさんが日本語でホワイトペーパーを公開されました。

 ちなみにですが、日本と韓国では開発の手法がちょっと違う場合があるようです。UXに拘る場合は特にそうなのですが、まずは画面周りというかUX の設計から入るのがUXに拘ったシステムの設計で、その後にロジックなどがついてくるようなイメージです。日本では画面周りは割とあとからになってしまうことも多いのではないでしょうか。 UXを画面周りと書くと、「UXを知らないじゃん?」と言われそうですが、そう書いたほうがイメージが伝わるかと思い、そう書きましたw

 UXがよく具現していると、システムの利用効果が高まり、システムが本当に良い道具になっていくのだと思います。ある方が言ってました。「システムの本当の資産はデータと画面」だそうです。私もなんとなくわかるような気がします。

 さてさて、私のぼやけた話はこれくらいにしておいて、本題のUXのホワイトペーパーですが、突貫工事で韓国語から翻訳したものなので、あまりきれいな日本語ではないですが、難しいロジックと表現を使っていないので、かえって読みやすいかもしれません。興味がある方は、以下のサイトからダウンロードください。(無料ダウンロードですが、会員登録が必要です)「企業向けユーザインタフェース統合ソリューション:ビジネス・ユーザ・エクスペリエンス(BUX)が企業にもたらす価値」というタイトルのドキュメントです。

※ビジネス・ユーザ・エクスペリエンス(BUX) のホワイトペーパーダウンロードのページ
http://www.tobesoft.co.jp/support/paper/index.jsp

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]