全国のセブン-イレブンでグループウェア上にあるビジネス文書がプリント可能になる「コネクトサーバ」を発売開始

全国のセブン-イレブンでグループウェア上にあるビジネス文書がプリント可能になる「コネクトサーバ」を発売開始
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ネクスト・イット株式会社(東京都品川区 代表取締役 仲西 敏雄)と、株式会社F Label(東京都渋谷区、代表取締役社長:野口 英光)は、「クラウド型グループウェア」と「ネットプリント」を連携させた「コネクトサーバ」を12月21日より提供開始します。

近年、直行直帰型や客先常駐型の会社組織や、SOHOを始めとした特定のオフィスを持たない新しい働き方が普及しており
ます。また、スマートフォンやタブレット端末の普及によりモバイル環境でのビジネススタイルが進んでいるその一方で、ビジ
ネス文書やスケジュール表・アドレス帳は共有管理のできるクラウド上に移行が進んでおります。

しかしながら、モバイル環境でのビジネススタイルが進んでいるその一方で、ビジネスシーンには紙としてプリント出力する機会が多々あり(※例えば、見積書の提出等)、クラウド上にあるビジネス文書データを紙へプリント出力する対策が求められてきました。

本コネクトサーバは、世界シェアトップクラスのグループウェア「Open-Xchange」プラットフォームを全国のセブン-イレブン店舗のマルチコピー機(富士ゼロックス製カラー複合機)からプリントできる「ネットプリント」とサービス連携させる事により、「ネットプリント・ウィジェット」を表示させ、ユーザーが登録したビジネス文書を、最寄りのセブン-イレブンでプリントできるサービスです。

「Open-Xchange」とは、世界中に4200万超の顧客を持つオープンソースソフトウェア次世代型グループウェア市場におけるリーディングソリューションです。日本市場での独占契約をネクスト・イット株式会社が締結しており、本コネクトサーバは、ネクスト・イット株式会社と株式会社F Labelの共同開発となります。

ネクスト・イット株式会社と株式会社F Labelでは、「ネットプリント」を始めとしたクラウドサービスを「Open-Xchange」プラットフォームにマッシュアップさせる事により、より使い勝手の良いクラウド型グループウェアとして「コネクトサーバ」の拡張を進め、2012年3月末までに1,000社に導入を計画しております。

詳細は以下をご覧下さい。
http://www.nextit.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]