Yahoo!ダイレクト検索拡充について

よろしければこちらもご覧ください

Yahoo!ダイレクト検索とは

先日、Yahoo!ダイレクト検索に新しい機能が追加されました。「Yahoo!ミュージック」と「Yahoo!地図」です。Yahoo!検索で、「木村カエラ」などと検索を行うと、検索結果に「Yahoo!ミュージック」の商品が表示され、クリックすると直接サービスページへ飛べるのです。「Yahoo!地図」は住所を検索ワードに入力すると同様の結果を得られます。

近年、特に2008年下期のYahoo!の動向

2008年の下期は「Yahoo」が収益を採りにいく様が露骨に感じられます。今までも「Google」に比べるとその傾向が強いという事はよく言われている事でした。

「お節介」なぐらいがサービスとしては優れているのかもしれませんが、このお節介がある一辺に対してのみというのが気にかかってしまうのです。

同様のサービスからより良いものを抽出して提供してもらえるのであれば、この「お節介」はユーザーにとってもとてもメリットのあるものだと誰もが口を揃えて言うでしょう。
例えば、Googleのオーガニック検索(自然検索)結果に表示される「動画コンテンツ」は自社が抱える「YouTube(ユーチューブ)」だけではなく、「デイリーモーション」などもその対象となっているのです。

この様に、自社サービスだけの囲い込みを狙うのではなく、オープンな検索こそが現代社会が望んでいる「検索エンジン」なのではないでしょうか?別に、Googleをヨイショするつもりもありません。結果として、どちらを好むかという事です。

「情報爆発社会」に突入し、ただでさえ「情報が見つけづらい」世の中において、自社サービスによってユーザーを囲い込むという行為自体が、更なる「情報が見つけづらい」という問題を加速化させているのではないでしょうか?

「情報を見つける」為のツールである検索エンジンが、皮肉にも「情報を見つけづらくしてしまう」という事に警笛を鳴らすべきだと思います。

企業として利益を追求するという本音もよくわかりますが、ユーザーの役に立たないものがあったとしても、結局はユーザーがつかないので潤ってはいかないでしょうし。

何より、僕は「Yahoo!の検索結果」が、全て広告になってしまうのが嫌なんです!今だってファーストビューは、ほとんど広告で占められていますよね。僕達は広告を見つけたいわけではないという事を、もう一度考えて欲しいと本当に思います。

===================================
SEO対策レポートhttp://seo.anabebe.com/
===================================

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]