W3C、XMLの標準仕様群を改訂 ~明確化と完全性を追求

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

World Wide Web Consortium(W3C)は8月16日、データ交換における基盤を構成する既存のXML仕様群を改訂し、W3C 勧告として公開した。改訂されたのは、

  • XML 1.0(第4版)
  • XML名前空間 1.0(第2版)
  • XML 1.1(第2版)
  • XML名前空間 1.1(第2版)

この改訂により、少なからず解釈上の相違が生じかねなかった箇所が明確化されるとともに、これまで報告されたすべての修正が盛り込まれた。

今後の予定として、W3Cでは2006年末を目処に、「XML Query 1.0」および「XSLT 2.0」をそれぞれW3C勧告として公開できるよう準備を進めている。また、SOAPを用いたWebサービスにおいて利用されている「XML Schema」の改訂、本年末に勧告化予定の「XML Query 1.0」への版を重ねた上での機能追加の検討などが進められている。さらに、W3C XML Processing Modelワーキンググループでは、変換、検証、統合、復号化といった XML文書に対する一連の操作手順を規定する新たな言語の草案初版をまもなく公開するとのことだ。

W3C
http://www.w3.org/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]