世界のアクリル樹脂市場ータイプ別(メタクリレート、アクリレート・ハイブリッド)、特性別(熱可塑性、熱硬化性)、用途別(塗料・コーティング、建設、工業・商業など)および地域別ー予測2030年

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2021年10月14日(木)
SDKI Inc.
SDKI Inc.は、世界のアクリル樹脂市場の新レポートを2021年10月14日に発刊しました。この調査には、アクリル樹脂市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-111602


アクリル樹脂市場は、2022年に197.3億米ドルの市場価値から、2030年までに266.7億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に4.4%のCAGRで成長すると予想されています。


調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/acrylic-resin-market/111602

アクリル酸、メタクリル酸または他の関連化合物の熱可塑性または熱硬化性プラスチック物質誘導体は、アクリル樹脂として知られています。それは、塗料・コーティング、建設、工業・商業、接着剤で広く使用されています。アクリル樹脂は、溶剤ベースおよび水ベースのシステムにすることができます。アクリル樹脂の密度は1.02ー1.19g / ccの範囲です。アクリル樹脂は耐水性、密着性が高く、割れにくいです。これは主に成形材料、コーティング、および接着剤に使用されます。

耐水性や耐候性、耐久性、透明性、接着性など、アクリル樹脂が持つ多様な特性は、アクリル樹脂市場の成長を牽引する主な要因です。また、世界の新興経済国における迅速な都市化と工業化により、政府は建設費を拡大するようになりました。この傾向は、建設・建築用途におけるアクリル樹脂の需要を促進すると予想されます。また、接着性が高いため、塗料・コーティングの主要なバインダーとしてアクリル樹脂が広く使用されています。さらに、中国、インド、日本などの新興国での新規都市プロジェクトの増加により、アクリル樹脂の需要が高まることが見込まれます。アクリル樹脂の高い耐久性と耐薬品性により、PC画面、携帯電話のディスプレイウィンドウ、ライトガイドパネルなどの電子機器アプリケーションに適しています。これも、アクリル樹脂市場の成長に貢献すると予想されます。

しかし、原材料の調達に関連する健康被害とその不安定な価格に対する懸念の高まり、および環境規制(特に先進的な西側諸国)は、予測期間中にアクリル樹脂市場の成長を抑制する可能性があります。

アクリル樹脂市場セグメント

アクリル樹脂市場は、タイプ別(メタクリレート、アクリレート・ハイブリッド)、特性別(熱可塑性、熱硬化性)、用途別(塗料・コーティング、建設、工業・商業、紙・板紙、テキスタイル・繊維および接着剤)および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

アクリル樹脂市場の地域概要

北米地域は、市場シェアの点で世界をリードする地域です。これは、塗料・コーティング、と建設などの用途でアクリルが必要なためです。一方、アジア太平洋地域のアクリル樹脂市場は、予測期間中(2022ー2030年)に最大のCAGRを登録すると予想されます。急速な都市化と工業化の急速な増加などの要因は、アジア太平洋地域のアクリル樹脂市場の成長を推進しています。中国はアジア太平洋地域で最大の市場規模を持っています。中国政府は、樹脂の揮発性成分の削減に注力しており、コーティング用途向けのさまざまな水性アクリル樹脂の需要をさらに高めています。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

アクリル樹脂市場の主要なキープレーヤー

アクリル樹脂市場の主要なキープレーヤーには、Beyond Meat、BASF SE、The DOW Chemical Co.、Arkema SA、Air Products and Chemicals Inc.、Formosa Plastics Corporation、Nippon Shokubai Co., Ltd.、Mitsubishi Chemical Holdings Corporation、DIC Corporation、Momentive Specialty Chemicals Inc.、Hitachi Chemical Co., Ltd.などがあります。この調査には、アクリル樹脂市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-111602

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]