OEM化粧品・健康食品D2Cブランド支援業務を開始します(サブスク型通販コールセンターも引き受けます)

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2021年09月16日(木)
株式会社RAVIPA
株式会社Telemarketing One(代表取締役:新井亨 本社:大阪府大阪市中央区)では、OEM化粧品・健康食品D2Cブランド支援業務を開始します。




https://telemarketing-one.com/service/d2c-brand/
D2Cブランドの立ち上げを支援業務をおこないます。
これからD2Cビジネスを立ち上げしようと考えている方にまずはD2Cビジネスについて解説をします。

D2Cとは「顧客に直接販売するビジネスモデル」のこと

多くの場合、自らがサービスや商品などをメーカーとなり、ソーシャルメディア(SNS)やECサイト、直営店舗などで消費者とじかにつながり、直接販売する形に展開する方式をとります。

注目を集めているD2Cブランドですが、サブスクと組み合わせることでさらに効果が上がります。
D2C で大事なのが、顧客とダイレクトにつながる関係性と言われています。
直接繋がることができることで、コミュニケーションが高純度で行えることが強みです。
商品やサービスのファンを作り、何度も買っていただくことができるため、高い収益性を実現していくビジネスモデルなのです。

代理店を通さずに商品やサービスを直接消費者へ届けることから、人件費や賃料などの固定費を極限まで抑えることができ、利益率が格段にアップします。

人口減少により多くの業界で市場が縮小している今、D2Cを活かした成長市場で数十億円を売り上げるオリジナルブランドが次々に誕生しており、いまや中小企業だけでなく、大手企業も D2C による売上比率を上げる戦略に転換しています。

D2Cネット通販のメリット



D2C通販のメリットは、利益率の高さにあります。売り上げから、製造コストを差し引けば、それがそのまま利益になります。

・インターネット販売なので営業マンや販売員を雇う必要がない
 D2C通販はインターネットで商品を販売します。そのため、営業マンや販売員を置く必要がなく人件費を大きく節約することができます。

・リアル店舗を構える必要がない
お客様から注文が入ると、契約している倉庫からお客様の家へ商品を発送します。実店舗を構える必要がないため、家賃光熱費などの固定費の大幅な削減が可能です。

・24時間販売ができる
ネットで注文し、自動的に発送されるため、24時間オープンのコンビニと同じです。


D2Cはとにかく優位性が高いビジネス



D2Cは、とにかく優位性が高いビジネスで、あっという間に売り上げ規模が年商数億と成長してしまう。

当社は、コールセンター事業によってD2C単品リピート通販の事業者様のサポートもさせていただきますが、実際に年商10億をわずか数名で達成した企業が多く誕生しています。

小売業は、まずテナントを借り、そこに多くの販売員を常駐させ、その間に卸業者などを仲介させる必要がありました。そこには多くの固定費がかかっていましたが、そのプロセスを全て取り払っているのがD2Cの手法なのです。

今まで複数企業をサポートしてきた経験を生かしてD2Cブランド立ち上げ支援業務をおこないます。

お気軽にまずはお問い合わせください。

株式会社Telemarketing One(テレマーケティングワン)ではこれからもお客様により良いサービスを提供できるよう従業員一同努めてまいります。
引き続きよろしくお願いします。

■会社概要
代表:新井 亨
社名:株式会社Telemarketing One(テレマーケティングワン)
本社:大阪府大阪市中央区博労町3-4-15 心斎橋谷本ビル6階
https://telemarketing-one.com/
(株式会社RAVIPAの出資会社)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]