LiveRamp社と連携しMicroAd COMPASSから直接、RampIDの連携・取引を可能にする機能を独自で開発~ より広範にPostCookie時代における媒体社の収益最大化を実現 ~

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2024年04月03日(水)
株式会社マイクロアド
 株式会社マイクロアド(本社:東京都渋谷区、代表取締役 社長執行役員:渡辺健太郎、以下マイクロアド)の、媒体社の広告収益化プラットフォーム「MicroAd COMPASS」は、LiveRamp Japan株式会社(東京都千代田区、アジアパシフィック統括取締役:メラニー・ホプマン、以下LiveRamp)が提供する、3rd Party Cookieに依存しないIDソリューション「RampID」の連携及び取引を可能にする機能を実装いたしました。  Header Bidding Solutionを介さず、RampIDの連携及び取引を可能にする機能の、媒体社の広告収益化プラットフォームへの実装を、マイクロアドが独自で開発いたしました。これにより、COMPASSを利用することで、RampIDの連携・取引が可能になり、Cookieに依存せず収益化を実現することができます。 ※2022年1月より、MicroAd COMPASSとRampIDの連携を開始しております。



■背景
 プライバシー保護の観点から、これまでインターネット広告配信で広く活用されてきた、Cookie利用に対する規制が世界的に広まっています。これに伴い、プログラマティック広告による、媒体社の広告収益が低下する可能性について懸念されており、新たな施策が求められています。


■MicroAd COMPASSについて
 MicroAd COMPASSは、UNIVERSE Adsを含む、複数の広告配信プラットフォームや、アドネットワークなどを一元管理し、媒体社の広告による収益化を支援するプラットフォームサービスです。最も収益が高い広告をリアルタイムで抽出し、広告収益を最大化するフルフラットオークション機能を搭載しています。


■LiveRamp社が提供する「Authenticated Traffic Solution」と「RampID」について
 LiveRampの「Authenticated Traffic Solution 以下、ATS」は、パブリッシャーがサードパーティのCookieやその他のサードパーティの識別子を使用することなく、ファーストパーティのユーザーデータと、LiveRampの匿名識別子であるRampIDを結びつけることを可能にするIDソリューションです。
 「RampID」はプライバシーを重視し、顧客がどこにいてもより良い広告と測定を可能にします。LiveRampはすべてのパートナーにユニークなRampIDを作成し、データ漏洩、ユニバーサルトラッキング、断片化のリスクを軽減します。


■本機能による効果
 これまで媒体社が、ATSを導入してRampIDを取得するためには、既存のHeader Bidding Solution(※)が実装されている必要がありました。そのため、Webサイトなどの環境や技術的な問題からHeader bidding Solutionを実装することができない一定数の媒体社においては、RampIDを取得することができませんでした。

 媒体社のPost Cookieへの新たな対応として、COMPASSに本機能を実装することで、Header bidding Solutionを実装していない媒体社においても、RampIDの連携・取引が可能になりました。COMPASSのリクエストをHeader Bidding Solutionを介さずに、直接広告配信プラットフォームに送ることができます。

 これにより、COMPASSを利用している媒体社は、Header Bidding Solutionの導入有無に限定されることなく、サードパーティCookieに依存しない収益化を実現することが可能になります。COMPASSに接続している広告配信プラットフォームは、サードパーティCookieの利用規制後もRampIDを活用したターゲティングと効果測定が可能になります。
 そして媒体社に対して、今後もLiveRampのATSの導入・支援を継続的に行うことでRampIDの普及に努めてまいります。


 マイクロアドは、今後もデジタル広告プライバシー保護を前提とした、健全性・安全性の向上への課題解決に注力し、デジタル広告市場のより良い発展に貢献してまいります。

※Header Bidding Solutionとは
 Header Bidding Solutionとは、媒体社の広告枠に対してより良質で効果的な広告を配信するための仕組みです。複数のSSPなどを同時にオークションにかけることにより、媒体社にとって最も高い価格で広告が落札されることを可能にします。これにより、媒体社は広告収益を最大化し、広告主はより効果的な広告を配信することができます。
 本プレスリリースにおけるHeader Bidding Solutionとは、Prebid.js、Amazon TAM又はGoogle Open Biddingを対象としています。
 


■関連リンク
・マイクロアド、LiveRamp社と提携し、Post-Cookieに対応した広告配信を開始 ~ プライバシー保護に配慮した媒体社の収益化を支援 ~
https://www.microad.co.jp/news/detail/1442/

・アジア初、提供する全てのプラットフォームにおいて、3rd Party Cookieを使用しないIDソリューション「RampID」との連携を開始 ~ Post Cookie時代における、新しいデジタル広告の流通を包括的にサポート ~
https://www.microad.co.jp/news/detail/1644/


株式会社マイクロアド 概要
社名    株式会社マイクロアド
代表者   代表取締役 社長執行役員:渡辺健太郎
本社所在地 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー13F
事業内容   データプラットフォーム事業
URL     http://www.microad.co.jp/

LiveRamp Japan株式会社 概要

社名  LiveRamp Japan株式会社
所在地 本社:アメリカ、サンフランシスコ / 日本法人:東京都千代田区永田町2-12-8 永田町SRビルディング 8F
代表者 Scott E. Howe
URL  https://liveramp.co.jp/


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]