【8/3開催】コロナ不況をチャンスに変える「感動創造マネジメント」

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2020年07月01日(水)
アチーブメント株式会社
集客が命のサービス業で、コロナ禍でも最高売上を創り出せる「不況知らずのマネジメント手法」とは?

美容機器の販売やエステサロン経営・コンサルなどの事業を営むレナードグループ。創業以来170%以上の成長を毎年続けるという異例の成長で注目をあつめており、コロナ不況のなかでも着実に業績を伸ばしています。その本質を作り出しているものは何かと問われると、代表の三原孔明氏は、「マネジメント」にあると答えます。今回のセミナーでは、レナードグループの実績に裏付けられた組織を勝たせるマネジメント手法を紐解いてまいります。





■逆境をチャンスに変える力は、社員のロイヤリティに比例して強くなる
全国1663サロンの中で第1位に輝く
コロナ禍で多くの企業が経営難に追い込まれており、2020年の倒産企業数は7年ぶりに1万社を超えると想定されています。この逆境といえる状況を乗り越えるために、企業が求めているのは「組織全体で一つの方向に向かって一致団結すること」にほかなりません。この状態を作り出す上で最も大切なことは、「どんな施策や取り組みをするのか」ということ以上に、「社員の心が一つにまとまっているかどうか」と言っても過言ではありません。「何が何でもこの組織を成功させたい」という組織へのロイヤリティこそが、心を一つにする原点となるのです。レナードグループが大切にするマネジメント手法では、このロイヤリティを高めることを徹底的に取り組んでおられますが、結果的に創業以来9年連続で170%以上の成長を積み重ね続けてこられており、全国から1663サロンが集う『Pro Labo Award』にて2年連続で第1位に輝いています。


■社員を魅了する秘訣は「理念経営」の実践にあり


社員教育を重視し力を入れて取り組んでいる
一体どうしたらそれだけ社員が組織を好きになり、組織のために一致団結するのか?その問いに代表の三原氏は、「感動創造という企業理念を、誰よりも前に社員に対して体現することです」と答えます。損得勘定ではなく、「感動を通して縁ある人を幸せにする」という思いを果たすために、誰よりもまずは社員の望むものを叶え、社員が感動するレベルの組織を目指すことを最優先しているのです。感動した社員は、自ずと組織へのロイヤリティが高まり、主体的に達成へと向かっていくのです。その結果として、毎年高い成長率を成し遂げてきました。

▼社員の感動創造を物語る数々のストーリー


月末に目標が未達成の店舗があれば、他の店舗から応援が駆けつけ、必ず全体達成を創り出す
社員の理想を叶えるために、損得を度返しにした沖縄出店を決断
仕事と家庭の両立を果たすべく、パートでも店舗責任者を務められる仕組みを構築
2年連続の日本一の達成は、社員が自ら目指すと決め、組織を動かした結果



■理念浸透と達成を積み重ね続ける秘訣を三原氏が直接お届けします
今回のセミナーでは、三原氏が、その輝かしい達成を作り出してきた「理念経営」の極意や現場での具体的な取組事例を直接お伝えします。そして、三原氏が理念経営を学び続けてきたアチーブメント株式会社で、マネジャーを務める高木謙治が、理念経営を推進する原則を紐解いてまいります。逆境のときにこそ団結できる強い組織を目指す全ての経営者の方におすすめの内容です。

■セミナー概要
日 時:8月3日(月)18:30~20:30
場 所:アチーブメント東京研修センター
参加費:3000円
講 師:三原孔明(レナード株式会社 代表取締役)、高木謙治(アチーブメント株式会社 マネジャー)
詳 細:https://achievement.co.jp/Impressed/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]