Amobee、新型コロナウイルス(COVID-19)対策支援のため、海外トレンド情報を無償公開

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2020年04月06日(月)
Amobee(アモビー)
インバウンド対策検討のために海外消費者のCOVID-19に対する関心情報を無償提供。拡大・収束の消費者マインドを傾向をいち早く把握し収束後の速やかな対策を支援。


広告ソリューションとアナリティクスを提供しているAmobee Japan(以下Amobee)は、新型コロナウイルス(COVID-19)に対する支援の一環として、米国消費者におけるCOVID-19の影響を分析したダッシュボードを無償公開しました。



ダッシュボードURL

https://tabsoft.co/2xTsJkA

2020年1月以降 米国消費者の各地域に対するCOVID-19の関心 時系列推移





取り組み背景


COVID-19はグローバル規模でさまざまな業界に影響を与えています。日本市場においてはインバウンド観光業界にも深刻な影響を与えており、速やかな収束とマーケットの回復が強く望まれています。この状況下で、収束の兆し、また消費者マインドをタイムリーに把握することは今後のプロモーション活動にとって非常に重要なことと考え、Amobeeはその傾向を捉えるためのダッシュボードを無償公開することとしました。ダッシュボードではCOVID-19が米国消費者の旅行志向に与えるインパクトを分析できます。



ダッシュボードについて


Amobeeのビッグデータソリューション【ブランド・インテリジェンス】はグローバル消費者のデジタル関心をタイムリーに解析することが出来る分析サービスです。ブランド・インテリジェンスは各国の消費者がデジタル上でどのような情報に接触しているか、またその深度を分析することができます。
ブランド・インテリジェンスを用いて米国消費者が主要な旅行先国についてどの程度情報接触しているかというポイントを日本含め分析することで、日本に対する旅行意向の回復の兆しが把握できると考えています。

この度公開するダッシュボードでは、COVID-19が米国消費者の主要な旅行先に対する関心度の推移やポジティブ・ネガティブな印象、想起キーワードなどが確認できます。例として、日本に対しては、2月下旬に高まったCOVID-19の関心度は3月下旬に減少している傾向が確認でき、またわずかですがポジティブな印象も確認できました。

ダッシュボードイメージ

ダッシュボードURL(再掲)
https://tabsoft.co/2xTsJkA



Amobee Japan代表 城西將恒のコメント


Amobeeの日本法人 社長執行役員 カントリーマネージャー 城西將恒は今般の取り組みについて以下のようにコメントしています。
「COVID-19の感染拡大により、日常生活だけでなく人々の考え方やマインドまでも変化を余儀なくされています。不確実性と複雑性が増大するに伴い、これまでの経験則が今後も通用するのか手探りせざるを得ない状況であり、将来予測を一層困難にさせています。このダッシュボードを積極的に活用していただき、皆さまの収束後のマーケティング活動の一助となれば幸いです。COVID-19に打ち克つ日まで頑張りましょう!」

今後もAmobeeは日本の訪日旅行客の拡大、インバウンド観光業界の回復と発展に貢献してまいります。



Amobee本社取り組み


Amobee米国本社では、COVID-19が米国市場の各業界に与える影響を可視化したダッシュボードも公開しています。また、世界的な保健機関WHOとの取り組みも開始しました。

Amobee COVID-19 Dashboard(米国市場の各業界傾向)
https://public.tableau.com/profile/maya5807#!/vizhome/AmobeeCOVID-19Dashboard/VerticalInsights

WHOとの取り組み
https://www.amobee.com/blog/covid-19-psa-campaign-goes-global-with-the-world-health-organization-who/





【ダッシュボード要項】


・タイトル:米国消費者の各地域に対する新型コロナウイルスの関心レポート
・対象URL:https://tabsoft.co/2xTsJkA
・更新頻度:週次
・分析対象消費者:米国の消費者
・分析対象地域:日本、東京、スペイン、フランス、イタリア、中国、韓国
・ダッシュボード内グラフ
1)時系列推移:2020年1月以降、関心度の強さを日別に示したもの
2)ポジネガ:ポジティブ、ネガティブな接触量
3)想起イメージ:対象地域と想起されやすいキーワード(全地域共通)
4)関連キーワード:対象地域と関連の強いキーワード
5)コンテンツ:関心度に影響しているデジタルメディア例
※終了時期未定。また、都合により上記要項が変更になる可能性がございます。
※ダッシュボードに対するご意見・ご要望をダッシュボード内のアンケートにて募集しております。



Amobee(アモビー)




Amobeeは広告主や広告会社、放送局へ広告ソリューションを提供する世界最大規模の独立系マーケティングプラットフォームです。Amobeeの包括的なマーケティングテクノロジープラットフォームが提供するインサイトにより、マーケティング担当者はコンシューマージャーニーの全体で企業のマーケティングメッセージを管理できるようになります。独自データやAI、高度な分析によって、広告主はマルティデバイスをまたいだコンシューマージャーニーを理解でき、従来型メディアでは多くみられた重複する投資を削減することができます。Amobeeは世界最大級のテレコム企業であり数億人のモバイル加入契約者を抱えるシンガポール・テレコム(Singtel)の完全子会社です。北米、ヨーロッパ、中東、アジア、オーストラリアにわたって事業を展開しています詳細はhttps://amobee.jpをご覧いただくか、@amobeeをフォローしてください。



【お問い合わせ先】


Amobee Japan 合同会社
メール:cs-japan@amobee.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]