YouTubeは“ながら視聴”が主流? 広告をきちんと見ている人はわずか3%【GP調べ】

約75%の人がYouTubeを“ながら視聴”している。管理画面上の視聴率は当てにならない?

フリークアウト・ホールディングスの子会社であるGPは、YouTube広告の視聴率と視聴態度に関する調査を実施した。15歳以上の男女7,704名が回答している。

75%の人がYouTubeを「ながら視聴」。広告を見る人はわずか3%

YouTubeの「ながら視聴」頻度別回答比率

まず、YouTubeで「ながら視聴」をすることがあるかを聞くと、いつもある・頻繫にある・ときどきあるを合計して75.3%の人が「ある」と回答した。

ながら視聴中における広告の視聴態度

また、ながら視聴中に広告を視聴しているかを聞くと、「見ることが多い」と答えたのはわずか3.1%にとどまり、70.1%の人は「スキップする」、22.1%の人は「そのまま垂れ流す」、4.7%の人は「広告に気がついていない」と答えた。

管理画面上の”視聴率”とユーザーの視聴態度の実態

YouTube広告の管理画面上では完全視聴率は平均40~50%と表示されるが、実際の「ながら視聴」中の広告注視率は約3%となっており、「垂れ流す」「気づかず再生している」という約27%のユーザーの影響で大きな乖離が生じていることがわかった。

通常広告とコンテクスチュアル広告における受ける印象の比較

また、通常広告とコンテクスチュアル広告(動画コンテンツと関連性のある内容の広告)において受ける印象をそれぞれ聞くと、コンテクスチュアル広告の場合「好き」と答えた人の割合は通常広告の2倍以上となり、広告に対する印象が267%上昇することがわかった。

調査概要

  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査対象】全国・15歳以上の男女
  • 【調査時期】2023年9月28日〜29日、10月11日〜12日
  • 【有効回答数】7,704サンプル
  • 【調査機関】ジャストシステム
  • 【集計方法】総務省統計局が発表する2023年10月度の人口構成比を基に、ウェイトバック集計を実施
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]