電通デジタルが「ウェブアクセシビリティコンサルティングサービス」の領域拡大

発達障害・精神障害の視点を生かしたコンサルティング事業を行うLedesoneと提携

デジタルマーケティング事業の電通デジタルは、同社が展開する「ウェブアクセシビリティコンサルティングサービス」の領域を拡大する、と3月26日発表した。発達障害・精神障害の当事者の視点を生かしたコンサルティング事業を行うLedesone(レデソン)と業務提携し、さまざまなユーザーニーズに応えられるように対応力を強化する。

改正障害者差別解消法が4月1日に施行され、障害のある人への合理的配慮の提供が企業に求められる。電通デジタルはこれを前に、ウェブアクセシビリティコンサルティングサービスを2023年に始め、ウェブアクセシビリティ診断、診断に基づく改善提案、デザイン・実装支援、運用支援を展開している。Ledesoneとの提携で分野を広げる。

Ledesoneは、発達障害をはじめ他者から見えにくい困りごとを持つ人たちと連携し、豊富な知見を保有。電通デジタルはLedesoneとの連携を通し、ウェブアクセシビリティ向上に向けた当事者モニターによるテスト、インタビュー、座談会などを実施するほか、製品・サービスの開発支援などウェブ以外のアクセシビリティ領域にも取り組む。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ユーザビリティ
一般的には、Webサイトやソフトウェアなどの操作性や使いやすさを示す言葉。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]