Amazonが商品をドローンで配送する「Prime Air」をイタリアと英国で2024年後半に開始

米国でも対象都市を追加、数千種の商品が購入可能、飛行距離が伸びた新型「MK30」投入

米国Amazonは、イタリアと英国で商品をドローン(小型無人機)で配送するサービス「Prime Air(プライム・エア)」を2024年後半に始める、と10月19日発表した。日本法人のアマゾンジャパンが10月30日に発表文の日本語訳を公開した。既に一部でドローンを使っている米国では、3カ所目の都市を2024年末までに加える。都市名は数カ月以内に公表する。

米国ではカリフォルニア州ロックフォード、テキサス州カレッジステーションのPrime Airデリバリーセンターからドローン配送を実施。重さ最大5ポンド(約2.3kg)の商品を1時間以内に届ける。今回、ドローン配送対象地域の拡大を決めた。ドローン配送では家庭用品、日用品、美容・コスメ用品、事務・テクノロジー用品など数千種の商品が購入できる。

米国では一部の「当日お急ぎ便」に対応するデリバリーステーションからドローンを飛ばす予定となる。ステーションはフルフィルメントセンター(配送センター)の小型版で、購入当日の商品を届け、配送スピードを速める。ドローンは新型「MK30」を投入する。飛行距離が従来機の2倍に伸び、騒音が少なく、さまざまな気象条件で飛行が可能になる。

新型ドローン「MK30」
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ステークホルダー
消費者や投資家、顧客企業など企業を取り巻く利害関係者全体を示す。 他に、産 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]