ココナラとみずほが人材マッチングプラットフォーム事業会社「みずほココナラ」設立へ

中小企業の人手不足が深刻になる中で法人向けEC型スキルマーケットを通して課題を解決

スキルマーケット「ココナラ」を展開するココナラと、みずほ銀行は、人材マッチングプラットフォームを運営・開発する共同出資会社「みずほココナラ」を設立する、と9月12日発表した。基本合意書を同日締結した。中小企業の人手不足が深刻になる中、新会社は法人向けのEC型スキルマーケットによって課題解決につなげる。

みずほココナラはココナラが51%、みずほ銀行と同じみずほフィナンシャルグループで投資事業のみずほイノベーション・フロンティアが49%出資する。ココナラの本店所在地と同じ東京都渋谷区に2024年1月をめどに設立し、法人向けスキル・人材マッチングプラットフォームの運営・開発を手掛ける。詳細は現在協議している。

みずほココナラには、ココナラ(会社)が保有する日本最大級のスキルマーケット、ココナラの企画・開発・運営ノウハウと、みずほ銀行の信用力、幅広い顧客基盤を融合させて事業を展開。法人向けEC型スキルマーケットを通じ、みずほ銀行の顧客が抱える人材不足や少量多品種のビジネスニーズへの対応といった問題を解決する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

顧客生涯価値
企業と顧客が継続的に取引をすることによって、顧客が企業にもたらす価値(利益)を指 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]