リチカが朝日広告社と獲得向けデジタル広告特化のクリエイティブ戦略支援を実施

朝日広告社はリチカの「広告代理店支援パッケージ」初のパートナーになって活用

デジタルマーケティング支援事業のリチカは、広告代理店の朝日広告社とともに、獲得向けデジタル広告に特化したクリエイティブ戦略の支援を行った、と8月22日発表した。朝日広告社は、リチカが展開するビジネスパートナー制度の「広告代理店支援パッケージ」の初めてのパートナーとなって同パッケージを活用した。

広告代理店支援パッケージは①営業資料と提案クリエイティブ9本②分析レポートと提案クリエイティブ3本③動画生成ツール--で構成。①はLP(ランディングページ)=訪問者が最初にアクセスするページ=と配信先媒体を送ると営業資料とクリエイティブ9本を、②はクリエイティブを分析して次回配信の3本を納品する。

③はデジタル広告クリエイティブが簡単に制作できるリチカのツール「リチカクラウドスタジオ」を提供。獲得向けデジタル広告で動画が注目される一方、動画の重要性を伝えるのが難しかったり、制作に手間がかかったり、単発の施策で終わったりするなど課題があることから、新たなクリエイティブ商品として開発した。

「広告代理店支援パッケージ」の概要
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

MSNbot
MSNbotは、Microsoft社が用いていたクローラー(ロボット)の一種。同 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]