ソフトバンクと日本マイクロソフト、クラウドと生成AI領域を中心に戦略的提携に合意

両社のサービスを組み合わせて強固な法人顧客基盤に拡販、企業や自治体のDXを加速

ソフトバンクと日本マイクロソフトは、クラウドサービスや生成AI(人工知能)領域を中心とした戦略的提携に合意した、と8月2日に発表した。クラウドサービスや生成AI関連ソリューションのニーズが高まる中で、企業や自治体のDX(デジタル変革)の加速を目指し、両社の強固な法人顧客基盤を強みに積極的な拡販を図っていく。

マイクロソフトの「Microsoft 365」「Microsoft Azure」「Azure OpenAI Service」や、ソフトバンクの5G(第5世代移動通信システム)などモバイルネットワーク、固定ネットワーク、音声通話サービスなどを組み合わせ、さまざまな業種の顧客の特性に合わせた最先端のワークスタイルを提案して包括的なソリューションを提供する。

ソフトバンクは、Microsoft Azureを自社推奨クラウドプラットフォームとして積極的に活用する。さらにAIを搭載したデジタルアシスタントの「Microsoft 365 Copilot」を導入し、いち早く業務や事業に積極的に活用して得た知見やノウハウを顧客への提案に生かし、ソフトバンクの法人向けソリューションと組み合わせて提案・販売していく。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]