日立が生成AIの安全・有効な利活用を推進する新組織「Generative AI センター」設置

業務利用を進めて生産性向上へのノウハウを蓄積、安全な利用環境を顧客企業に提供へ

日立製作所は、生成AI(人工知能)の安全・有効な利活用を推進する新組織「Generative AI センター」を設置した、と5月15日発表した。日立グループ32万人がさまざまな業務で生成AIの利用を進めて生産性向上へのノウハウを蓄積し、安全な利用環境を顧客企業に提供する。生成AIの先端的なユースケースや価値創出を支援するコンサルティングサービスを6月に始める。

Generative AI センターは、データサイエンティストやAI研究者と、社内のIT、セキュリティ、法務、品質保証、知的財産の専門家が集まり、リスク管理しながら生成AIの活用を推進する。グループ内で文章の作成・要約、翻訳、ソースコード作成などの業務に使用し、生成AIの導入を検討する企業にセキュリティ・知的財産などの知識を組み合わせて利用環境を提供する。

Generative AI センターでは生成AI利用時のリスクを考慮した業務利用ガイドライン第1版を4月末に発行した。今後内容を更新するとともに社員向けの相談窓口を設ける。さらに社内利用環境「Generative AI アシスタントツール」の活用を5月末に始める。Generative AI センターがサポートし、議事録の自動生成やシステム実装でのローコード・ノーコード化を進める。

生成AIの業務利用イメージ
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

nofollow
HTMLのrel属性に指定する値の1つ。主にリンク(a要素)に指定することで、「 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]