KDDIがメタバース・Web3サービス「αU」を開始、クリエイターエコノミーを創出へ

ライブ配信や実店舗と連動したバーチャルショッピングなどWeb3時代のサービスを提供

KDDIは、メタバース(仮想空間)・Web3(ウェブスリー)サービス「αU(アルファユー)」を始める、と3月7日に発表した。メタバース、ライブ配信、バーチャルショッピングなどのWeb3時代のサービスを提供し、音楽ライブやアート鑑賞、友人との会話やショッピングなどの日常体験をいつどこにいても楽しむことができる。国内外のパートナーと連携し、日本のクリエイターやコンテンツのグローバル展開を支援する。

再現された渋谷や大阪の街でエンタメや友人との会話を楽しめる「αU metaverse」、360度自由視点の高精細な音楽ライブを楽しめる「αU live」、デジタルアート作品(NFT)などを購入できる電子取引市場(マーケットプレイス)の「αU market」、暗号資産を管理できる暗号資産ウォレットの「αU wallet」、実店舗と連動したバーチャル店舗でショッピングができる「αU place」を提供。αUを冠にしたWeb3サービスを拡張していく。

KDDIは2020年5月に都市連動型メタバース「バーチャル渋谷」、22年10月にリアルとバーチャル空間が連動する「デジタルツイン渋谷」など5G通信とAR(拡張現実)・MR(複合現実)を活用した都市体験の拡張に取り組んできた。バーチャル渋谷では3年にわたって音楽ライブやアニメ・漫画キャラクターのトークショーなど提供した。αUでは「体験する場所」から「発信する場所」へと発展してクリエイターエコノミーを創出していく。

「αU」のサービスラインアップ
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]