Instagramのインフルエンサー「アルゴリズムによる企画・分析」が最も課題と回答【リデル調べ】

SNS・企業アカウント運用担当者必見! インフルエンサーの課題から学ぶ、最新のInstagram運用。

LIDDELL(リデル)は、Instagramでフォロワーを増やしているインフルエンサーを対象に、インフルエンサーとして「もっと伸ばしたいこと」「知りたいこと」についての調査を実施した。

Instagram運用、課題は「企画・分析力」「クリエイティブ制作力」

インフルエンサーとして「もっと伸ばしたいこと」「知りたいこと」

まず、インフルエンサーとして「もっと伸ばしたいこと」「知りたいこと」を聞いたところ、1位は「企画・分析力(41%)」、2位は「クリエイティブ制作力(39%)」となった。

「企画・分析力」の中で必要とするスキルは?

「企画・分析力」の中で必要とするスキルとしては、「アルゴリズムを読み解く力」が47%と最も多く、ついで「トレンドの感度」「フォロワーとのコミュニケーション力」となった。2022年春に大幅に変更されたInstagramのアルゴリズムは、ターゲット層とコンテンツ内容の「関心度」、アカウントとユーザー間の「親密度」、投稿日時の「鮮度」を軸に、日々変化を続けている。

「クリエイティブ制作力」の中で必要とするスキルは?

「クリエイティブ制作力」において必要なスキルとしては、「撮影力」が56%と最多で、以下「動画編集力」「デザイン力」と続いた。最大90秒のショート動画である「リール投稿」や、視覚的に伝わりやすい「文字入れ投稿」の制作力が重要視されている。

「守備力・営業力」の中で必要とするスキルは?

一方で、薬機法や景品表示法など、各種法令の対象はインフルエンサーにも拡大している。リスクマネジメント能力が求められる中、「薬機法やステマ防止などコンプライアンスに対する知識」を強化したいとの声が35%にのぼった。また、「営業力」において必要なスキルとしては、「案件獲得」が28%、「クライアントとのやり取り、交渉力」が25%という結果となった。

調査概要

  • 【調査期間】2022年10月26日(水)〜2022年11月30日(水)
  • 【調査対象】「SPIRIT(スピリット)」に登録しているインフルエンサー
  • 【サンプル数】100
  • 【調査方法】オンライン
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

サテライトサイト
衛星サイト。主にメインとなるサイトへのリンクを増やすために自分で作るサブサイトの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]