「推し」への応援消費が増加中。顧客にリーチするコンテンツランキングTOP20【博報堂調べ】

最新の生活者の消費動向を調査。「リーチ力・支出喚起力ランキング」では、鬼滅の刃、呪術廻戦、男性アイドルの新規ランクインも目立った。

株式会社博報堂DYホールディングス、株式会社博報堂、株式会社博報堂DYメディアパートナーズの共同研究プロジェクト「コンテンツビジネスラボ」は、2022年度版「コンテンツファン消費行動調査」を実施した。最新の全11カテゴリ・計1000以上のコンテンツに関する「リーチ力・支出喚起力ランキング※」を算出している。

※「リーチ力」とはそのコンテンツが一年間に到達できる人数を表す指標のこと。「支出喚起力」とはコアファンによる年間の関連市場規模の指標のこと。コンテンツビジネスラボが開発した独自指標となっている。

ファンクラブ市場の増加が目立つも、ゲーム・書籍は低迷。全体としては支出減少傾向に

各カテゴリの推計市場規模(前年比較)

今回の調査では、リアルイベント市場、レジャー市場、ファンクラブ市場の推計規模が増加した。Withコロナの生活が浸透し、一部のライブイベントの解禁やレジャー施設の限定的なオープンといった緩和が進んだことが背景にある。

一方、2020年には家の中で楽しめるエンタテインメントとして、ゲームアプリ市場や雑誌・書籍市場が伸びたが、2021年以降は外出やイベント開催の制限緩和により、同市場はコロナ禍以前並みに減少した。

2021年1年間でのコンテンツへの平均支出金額

2021年1年間における「生活者のコンテンツへの平均支出金額」は、前年比-6,548円の60,653円となった。リアルイベント市場、レジャー市場、ファンクラブ市場は拡大したが、それ以外の市場の減少幅が大きく、全体としては減少している。

「推し」への応援消費と、SNSとマスメディアを横断した情報発信に注目

2022年リーチ力・支出喚起力ランキングTOP20

2022年の「リーチ力・支出喚起力ランキング」では、「関ジャニ∞」「なにわ男子」「SixTONES」などの男性アイドルの新規ランクインが目立った。前項のファンクラブ市場の伸びにも見られるように、生活者が自分の「推し」に対して消費を行う「応援消費」の拡大が認められる。

また、今回ランクインしたコンテンツは、映画化や利用者拡大のニュースなどで、テレビ番組にも多く取り上げられている。SNS・YouTubeとマスメディアを横断した露出がなされたことで、より多くの人の目に触れたとコンテンツラボでは推測している。

今後のコンテンツ市場を担う10代(15~19歳)の調査においては、平均支出金額は全体平均よりも約3万円多い89,774円であった。SNSやYouTubeの利用率が他の年代よりも高く、またほとんどのコンテンツジャンルで「テレビCM」「テレビ番組」が情報源となっている割合が増加しているという特徴がある。

<参考データ>

各年代のコンテンツへの年間平均支出金額

コンテンツへの2021年の年間平均支出金額を年代ごとに比較すると、10代(15~19歳)が89,774円と最も多かった。

1日あたりのメディア平均接触時間(10代)

10代の1日あたりのメディア平均接触時間を見ると、テレビのメディア接触は昨年から減少した。自宅/自分のPCとスマートフォンの平均接触時間は、コロナ禍の影響で2021年は大きく伸長し、相対的に2022年は減少したが、コロナ禍以前と比較すると上昇した。

週1回以上利用しているインターネットサービス

スマートフォンやタブレットを含むデバイスを用いて利用しているインターネットサービスを見ると、10代は全体より特にSNSやYouTubeの利用率が高い。

各コンテンツジャンルのテレビCM/テレビ番組を情報源とする割合(10代)

10代のテレビの接触時間は減少している一方で、テレビCMやテレビ番組を各コンテンツの情報源としている割合は、昨年と比較してほとんどのジャンルで増加した。

調査概要

  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査対象】全国15~69歳の男女 (全国7エリアを性年代別人口構成比で割付)
  • 【調査時期】2022年3月8日(火)~18日(金)
  • 【有効回答数】6000サンプル
  • 【調査機関】株式会社H.M.マーケティングリサーチ
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

CP
ケータイサイトを構築・運用して、ユーザーに対してコンテンツを提供する事業者を指す ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]