トランスコスモスとNTT Comが「バーチャルコミュニケーションサービス」の実証実験開始

メタバース上のバーチャル空間と接客を組み合わせたサービス提供へ、心地よい接客を実現

デジタル技術を活用した企業支援サービス事業のトランスコスモスとNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、メタバース(インターネット上の仮想空間)上のバーチャル空間と接客を組み合わせたサービス提供に向けて「バーチャルコミュニケーションサービス」の実証実験を8月に始めた、と9月1日発表した。メタバース上でのより心地よい接客の実現を目指す。

実験ではメタバース上に実店舗と同様のバーチャル店舗を構築し、デザインや機能を評価・検証。現実の全身の動きを同期するアバターによる顔の表情や身振り手振りなどのコミュニケーションの顧客満足度を調べるほか、接客中のテキスト・動画ファイル共有や音声認識技術を使ったAI(人工知能)の応対支援機能についてオペレーターの使いやすさを検証する。

「バーチャルコミュニケーションサービス」のイメージ画像

トランスコスモスが音声認識・感情解析ソリューションの導入・運用、バーチャルコミュニケーションサービスの運用と、運用データ分析によるサービスの実用化準備を担当。NTT Comは電話・通信機能を導入・運用し、メタバースサービスを提供する。実験結果を踏まえ、トランスコスモスがバーチャル空間で完結するEC環境の構築や展示会での活用を推進する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

オプトイン
何らかの選択を望んですること。 広告メールを受け取ることなどを、ユーザーが ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]