ヤマト運輸が「宅急便をスマホで送る」に「PUDOステーション」からの発送機能追加

伝票なしで都合に合わせて24時間365日宅配便の発送が非接触・非対面で簡単に可能

ヤマト運輸は、スマートフォンで宅配便の発送手続きが完結する同社のサービス「宅急便をスマホで送る」に、宅配便ロッカー「PUDOステーション」から送る機能を1月20日に加えた、と同日発表した。伝票なしで深夜・早朝を含め自身の都合に合わせて非接触・非対面で24時間365日(設置場所の営業時間による)宅配便の発送が簡単に可能になった。

宅急便をスマホで送るは、スマートフォンに送り状情報を入力して2次元コードを提示・オンライン決済し、ヤマトの直営店やコンビニ店舗から荷物を送るサービス。PUDOは全国約6300カ所に設置されているオープン型宅配ボックス。これまでは個人間取引サイトの一部フリーマーケット・オークションと一部ECサイトの返品業務だけの対応だった。

PUDOではスマートフォンで送り状情報と支払い方法を入力して発送用の2次元コードをかざし、解錠されたロッカーに荷物を入れて発送する仕組み。送れるのは、発払い・着払いの「宅急便」60~100サイズか、発払いの「宅急便コンパクト」▽運賃支払いがオンライン決済の荷物(ヤマトの会員組織「クロネコメンバーズ」登録が必要)▽常温の荷物。

サービス利用の流れ
これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]