Twitter Japanが2021年のアップデートまとめを公開、音声ライブ会話「スペース」など

解説を加えて新機能を振り返り、テスト中や範囲限定の機能は2022年から順次拡大と示す

米国Twitterの日本法人、Twitter Japanは12月24日、2021年に実施した主要アップデートをまとめ、日本語ブログで一覧公開した。Twitterで収益を得る新機能や、リアルタイムの音声で会話する「スペース」の導入などを振り返って各機能を解説した。一方で、動画や画像にコメントを加えて投稿して24時間で消える「フリート」や、ライブ動画配信「Periscope」の終了も示した。2022年も新機能が続々登場するとしている。

会話を楽しむための新たな機能

  • 音声ライブ会話機能「スペース」(2021年5月)
  • 興味関心を深堀りできる「コミュニティ」(2021年9月テスト開始、22年正式提供予定)
  • TwitterのUIを改良(2021年9月。画像、GIF、動画を大きく表示する「エッジトゥエッジUI」をテスト中)
  • お気に入りの話題を見つけやすくする「トピック」(2020年公開、2021年10月更新)
  • 有料定額のプレミアムサービス「Twitter Blue」(2021年6月。日本未実装)

Twitterによるクリエイターサポート

  • 「チップ」機能で支援の気持ちを表そう(2021年5月)
  • ライターにとってTwitterをより快適な場所に(2021年初めにニュースレター発行サービス「Revue」導入。8月にプロフィールに直接登録ボタンを追加できる機能)
  • お気に入りのクリエイターと「スーパーフォロー」で会話(2021年9月。収益が得られる人は米国在住でiOSアプリ利用の特定クリエイターグループに限定)
  • 「スペース」で独自イベント主催が可能に(2021年6月。日本未実装、21年から順次拡大予定)

会話の安全を守るために

  • Twitterの新しい認証済みバッジ取得申請制度(2021年5月)
  • タイムライン上で画像の全体表示(2021年5月)
  • 新たに改良された誤情報警告ラベルを導入(2021年7月)
  • 誤解を招く情報を報告する機能をテスト(2021年8月)
  • 返信できるアカウントを設定・変更可能に(2021年8月)
  • ブロックせずにフォロワーを外せる(2021年9月)
  • 返信のミュート機能の検討(2021年9月)
  • コミュニティ主導の誤情報へのアプローチ(2021年1月。日本未実装)
  • 返信内容の再考を促す注意喚起(2021年5月。日本語未実装)
  • 包括的なインターネット社会を目指して(2021年6月。アラビア語対応)
  • より信頼性の高いコンテキストを会話に付加(2021年8月。日本未実装)
  • セーフティーモード(2021年9月。日本未実装)

活用を検討する価値のあるその他の機能

  • 「Twitter Crypto」始動(2021年9月、11月。ビットコインとの連携やNFT=非代替性トークン=の認証機能の検証を開始)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]