「Yahoo!ニュース」で媒体各社への配信料支払いにユーザー評価を加味する仕組みを導入

「記事リアクションボタン」クリック率データ利用、課題解決につながる記事の支援促進
よろしければこちらもご覧ください

ヤフーは、「Yahoo! JAPAN」のニュース配信サービス「Yahoo!ニュース」で、ニュースを提供する媒体各社への配信料の支払いに、ユーザーの評価を加味する仕組みを導入した、と11月17日発表した。ユーザーが記事の内容にフィードバックできる「記事リアクションボタン」のクリック率データを利用する。ユーザーの課題解決につながる記事の支援促進が目的となる。

Yahoo!ニュースは現在、約650媒体から1日約7000本の記事を配信。記事の閲覧数(PV)などに基づいた額を配信料として媒体各社に支払ってきた。2016年4月にはユーザーの課題解決につながる記事を支援するため、追加で配信料を支払う「課題解決バリュープログラム」を開始。今回、その支払い指標の1つに記事リアクションボタンのクリック率を活用することにした。

これによって、課題解決バリュープログラムの支払い対象の媒体数が1.4倍程度増える見込みだという。今後、媒体各社に意見を聞くとともにボタンが押される傾向やユーザーの反応を参考に、記事リアクションボタンや支払い指標の改善を進める。ユーザーのフィードバックに基づくことで、閲覧数に関わらずユーザーにとって価値の高い記事への支払い環境を整える。

「記事リアクションボタン」の位置
「記事リアクションボタン」のイメージ
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

PPC
クリック課金型の広告の総称。しばしば、検索連動型広告のことを指して使われることも ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]