パワー・インタラクティブがAIによる企業スコア予測「企業情報解析ツール2.0」を開始

BtoB企業の活動を効率化、ランドスケイプのデータベースとAIスコアリングエンジン活用
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティングコンサルティングのパワー・インタラクティブは、AI(人工知能)による企業スコア予測サービス「企業情報解析ツール2.0」を9月21日に始めた、と同日発表した。BtoB(企業間取引)企業の営業活動を効率化する。データベースマーケティング支援事業のランドスケイプの法人データベース「LBC」と法人見込み度AIスコアリングエンジン「Rating2.0」を活用する。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って以前のような営業ができないBtoB企業が多く、自社のデータベースを活用した顧客コミュニケーションが重要になる一方、データベースからの見込み企業リストの抽出が容易ではないケースが多い。そのため、企業情報解析ツール2.0で狙うべき企業をAIが「見える化」する。自社の商品・サービスに関心度が高い企業を自動抽出する仕組みとなる。

自社の過去の受注企業一覧データと、820万拠点のデータを保有するLBCを組み合わせ、AIが見込み度スコアを算出。データに基づく見込みリストの出力で優先順位が明確になり、新規開拓を含め現場での行動につなげられる。スコアは受注企業一覧データのほか、自社サイトの行動履歴も利用。ウェブ広告と連携してターゲティング広告に生かすことでマーケティング施策も広げられる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]