コネクティが企業向けクラウドCMS「Connecty CMS on Demand」を無償バージョンアップ

「バージョン2.11.0」提供開始、新機能「データエディタ」搭載、迅速なサイト構築が可能
よろしければこちらもご覧ください

CMS(コンテンツ管理システム)開発・ウェブ戦略提案事業のコネクティは、同社の企業向けクラウドCMS「Connecty CMS on Demand(CMSoD)」を無償バージョンアップし、新機能「データエディタ」を加えた、と8月23日発表した。データエディタでスピーディーなサイト構築が可能になる。データエディタを搭載したCMSoD「バージョン2.11.0」の提供を8月17日に始めた。

新機能「データエディタ」

CMSoDは、企業がDX(デジタルトランスフォーメーション)を進めるための基盤になるCMS。世界規模でグループ展開する大規模サイト構築に適している。大規模サイトの構築では画面設計が複雑になり、公開まで時間がかかることもあることから、データエディタ機能を装備。ウェブ担当者や制作会社が小規模のチームで素早くサイトを公開する際に適応できるようにした。

CMSoDでサイト構築する際、動的ページの組み込みには「アプリ」と呼ぶ利用者専用にカスタマイズしたデータベースと編集機能を使用するが、設計に時間が必要だった。データエディタはアプリの設計なしで管理画面からデータ登録ができ、CMSoDのデータ機能がすぐ活用可能。複雑な設計不要でデータベースを活用したサイトが公開でき、公開までの時間を短縮する。

ロール設定の自由プラニング
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

metaタグ
HTML文書のhead要素に配置されるタグで、ページを記述している言語や文字エン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]