3D動画が放映できる新宿駅前の大型街頭ビジョン「クロス新宿ビジョン」が本放映を開始

仮放映期間の「巨大猫」の3D動画が話題に、クロススペースの委託でMADSとユニカが運営
よろしければこちらもご覧ください

イベントスペース開発・運営のクロススペースは、同社の委託でデジタルサイネージソリューション事業のマイクロアドデジタルサイネージ(MADS)と不動産・屋外広告メディア事業のユニカが東京・新宿駅前で運営する大型街頭ビジョン「クロス新宿ビジョン」が7月12日に本放映を始めた、と同日発表した。3D動画が放映でき、7月1日からの仮放映期間の「巨大猫」の3D動画が話題になった。

クロス新宿ビジョン外観

クロス新宿ビジョンは高さ8.16m、幅18.96m(154.71m2)の4K相当の画質を備える大型街頭ビジョンで、新宿駅東口駅前広場の向かいに位置する。湾曲したディスプレーや視聴角度によって、一般的な平面ビジョンでは表現が難しい3D動画が放映可能。動画配信システムにはMADSのデジタルサイネージ広告ネットワーク「MONOLITHS(モノリス)」を採用し、外部データと連動した動画が放映できる。

巨大猫の3D動画放映は大きな反響があり、多くの通行人が足を止めて見ているという。「YouTube」でライブ配信も行っている。今後、より効果的な巨大猫の3D動画の放映や、長尺の巨大猫3D動画番組の制作を進める。MADSはMONOLITHSからプログラマティック(広告枠の自動買い付け)配信を7月12日に開始した。日時、回数、頻度、予算が設定でき、天候データと連動した広告配信も実施する。

YouTubeライブ配信画面
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]