リコーが現実空間に全方位映像を映し出せる装置開発、デジタルサイネージ用途で市場検証

「WARPE(ワープイー)」のブランド名で展開、現実店舗の集客力を高める価値創造を後押し
よろしければこちらもご覧ください

リコーは、現実の空間に全方位の映像を映し出せる装置を開発した、と3月8日発表した。立体化した映像を見る場合、現在は特殊な眼鏡や専用のヘッドセットを使う方法がほとんどの中、この装置だと裸眼で全方位から可能。「WARPE(ワープイー)」のブランド名でデジタルサイネージの用途で同月からビジネスパートナーを募り、立体映像の認知度向上と市場性の検証を進める。

この装置は、真下から上に向けて光を投射し、独自開発した特殊な回転スクリーンに当たる光の残像で立体映像を表示させる仕組み。立体映像の視聴中に発生する乗り物酔いに似た3次元酔いを起こすことなく、現実の空間に実在するような完全立体表示を可能にすることを目指して開発。現時点で人の頭のサイズ(直径200mm 高さ250mm)で立体映像のカラー動画表示を実現した。

装置イメージ(左)と投影イメージ(真ん中、右)

2021年度内に試作機での実証実験や試験稼働を始め、2022年度の実用化を予定する。新型コロナウイルス感染拡大の影響でECの利用が広がり、現実の店舗やショールームなどでは集客力を高める価値創造が課題とされる。この装置で仮想空間の3次元デジタルコンテンツを現実の世界に同化するように立体投影して顧客とコミュニケーションすることで、現実の場を進化させられる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

3Bの法則
広告表現の中で、美人(Beauty)、赤ちゃん(Baby)、動物(Beast)を ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]