イルグルムが広告主と広告代理店をつなぐマッチングサービス名を「アドフープ」に変更

半年で累計50社超をマッチングした「広告代理店ご紹介サービス」のさらなる成長目指す
よろしければこちらもご覧ください

マーケティングロボット開発のイルグルム(旧社名ロックオン)は、インターネット広告を展開する広告主に最適な広告代理店を紹介するマッチングプラットフォームのサービス名を「広告代理店ご紹介サービス」から「アドフープ(AD HOOP)」に変更した、と1月6日に発表した。広告主と広告代理店のマッチングインフラとしてさらなる成長を目指す。

 

新サービス名は「広告主と広告代理店との間に『輪(HOOP)』をつなぐ不可欠な存在」との想(おも)いを込めた。イルグルムのマーケティング効果測定プラットフォーム「アドエビス」の広告代理店ネットワークを利用し、約300代理店から広告主の要望に合った候補を選定して、サービス開始から約半年で50社超の広告主を広告代理店に紹介してきた。

アドフープは候補先の選定から紹介までをワンストップで無料サポ―トする。広告代理店の運用実績や得意業種、運用体制などをまとめた独自の代理店カルテをもとに、マッチング度の高い広告代理店を複数社選定して広告主に提案する。コンペ形式で複数の候補企業の提案を比較検討できるので、より条件に合った企業を見つけることができる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]