サポートサイトはどれだけの価値があるのか? 国内1位サイトは250億円以上の価値【トライベック調べ】

サイトがなかった場合に発生したはずのコールセンター経費で、サイトの価値をランキング。
よろしければこちらもご覧ください

トライベックの社内組織であるトライベック・ブランド戦略研究所は、「サポートサイト価値ランキング」を発表した。

各社のサポートサイトについて、サイト上での問題解決回数をアンケート調査により推定し、その価値を算出した。サイトがなかった場合に発生したはずの「コールセンターへの入電回数×コールセンター単価」により金額換算を行っている。コールセンター単価は、業者への委託費用を参考に2,000円と設定されている。

「楽天カード」のサポートサイトは、252億6,800万円相当の価値

調査によると、最も金額が高かったのは「楽天カード」で、サイト上での問題解決により252億6,800万円相当の価値と推定された。同様の計算で、2位「楽天銀行」162億8,200万円、3位「docomo」157億9,900万円と算出された。

同調査では、製品サービス別のランキングも行っており、モバイル決済サービスサイトでは「PayPay」116億8,000万円、インターネット接続サービスサイトでは「J:COM」37億0,800万円が1位となっている。

調査概要

  • 【調査対象】20分野133企業・サービス
  • 【調査方法】実際に各社のサポート(サポートサイト/コールセンター)を利用したサポート利用者に、サポートサイトおよびコールセンターについてアンケートを実施
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]