「Googleマイビジネス」にマスク着用ルールなど店舗の安全対策を周知する機能を追加

Google、地元でビジネス展開する店舗オーナー向けの2つの新機能も順次提供を開始
よろしければこちらもご覧ください

Googleは、事業主が営業時間などのビジネス情報や最新情報を「Google」の検索結果や地図サービス「Googleマップ」に掲載できるサービス「Googleマイビジネス」に、店舗の安全対策について周知する機能を追加した、と12月3日発表した。地元でビジネス展開する店舗オーナー向けの新機能も12月から順次提供を始める。

店舗の安全対策について周知する機能は、マスク着用のルールや検温の必要性などの情報を入力すると、その内容がGoogleマップの「ビジネスプロフィール」内[健康と安全]の項目に表示される仕組み。地元で事業を行う店舗オーナー向けの新機能は「ダイレクトメッセージ」と「お客さまからの反応の確認」の2つとなる。

ダイレクトメッセージは、ユーザーからのメッセージに対し、Googleマップアプリの[最新]タブで直接返信できる機能。これまでもGoogleマイビジネスアプリをダウンロードしてメッセージの送受信は可能だったが、Googleマップアプリから直接できるようにした。お客さまからの反応の確認は、的確に反応が分かる機能。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]