「AJA SSP」がIndex Exchangeのヘッダービディングソリューション「Header Tag」に対応

Header Tag利用メディアはAJA SSPをビッダーに選択可能に、メディアの広告収益向上へ

インターネット広告事業のサイバーエージェントの子会社で広告技術事業のAJA(アジャ)は、同社が運営するメディア向け広告配信プラットフォーム「AJA SSP」で、アドエクスチェンジ(広告取引)事業のカナダIndex Exchangeが提供するヘッダービディングソリューション「Header Tag」への対応を始めた、と1月9日発表した。

ヘッダービディングは、メディアに広告を配信する前に複数の広告配信企業(ビッダー)間で公平な入札競争を行い、広告在庫の品質に適した価格の配信を可能にする仕組み。メディアの収益改善につながるため、導入が進んでいる。今回の対応によってHeader Tag利用メディアは、AJA SSPをビッダーに選べるようになった。

AJA SSPは優良広告主による広告案件の保有を特長にし、ビッダーへの追加で広告収益を向上させられるという。AJA SSPは透明性の高い広告取引とメディアの収益最大化に向け、ファーストプライス(最高額)入札への移行や対応フォーマットの拡充を進め、200以上のメディアでヘッダービディングでの広告配信実績がある。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]