デジタルサイネージ広告の市場規模、2019年は749億円。2023年には1,248億円まで成長【CCI調べ】

「交通機関」「商業施設・店舗」「屋外(OOH)」「その他」の4領域では、交通系の成長に期待。

サイバー・コミュニケーションズ(CCI)は、デジタルサイネージ広告の市場予測を発表した。デジタルインファクトとの共同調査だ。

デジタルサイネージの広告市場規模、2019年は749億円

デジタルサイネージ広告とは一般に、公共機関、商業施設、屋外などに設置された、デジタルサイネージ(電子式看板)上に表示される広告を指す。近年はセンサー技術やスマートフォンの普及を受け、デジタルサイネージの新しい活用シーンが広がっている。

本調査では、デジタルサイネージ広告を、「交通機関」「商業施設・店舗」「屋外(OOH)」「その他」の4つに分類し、媒体費の年間支出総額から、2019年の市場規模の推計と2023年までの予測を行っている。

 

その結果、2019年のデジタルサイネージ広告の市場規模は、前年から13%増加し、749億円となる見通し。今後も広告効果の可視化や出稿しやすい環境整備、IT技術を使った新しいプロモーションスタイルなどが考案されることで利用が進み、2023年の市場規模は、2019年の1.7倍となる1,248億円と予測された。

デジタルサイネージ広告市場規模の推計・予測(2018年~2023年)

交通機関系のサイネージは、関連施設とタクシーの成長に期待

2019年のデジタルサイネージ広告について、市場規模749億円のうち、交通機関は480億円(全体の64.1%)、商業施設・店舗は98億円(13.1%)、屋外は87億円(11.6%)、その他は84億円(11.2%)の見通し。

とくに交通機関は、テレビやスマートフォンと連動したプロモーション手法が定着しており、すでに多くの需要を得ている。駅・バス停・空港といった関連施設の大型サイネージ設置も当たり前となってきており、今後も着実に成長していく見込み。

デジタルサイネージ広告の市場規模の推計(2019年セグメント別)

また2016年以降、タクシー事業者と広告事業者の連携が進んでおり、首都圏を中心に需要が急増。2019年の市場規模は24億円と推計されている。オリンピックに向けた投資もあり2020年には倍増し48億円規模に成長。以降は緩やかな成長ながら、2023年には75億円規模に達すると予測されている。

タクシーサイネージ広告の市場規模の推計・予測(2018年~2023年)

調査概要

  • 【調査対象】デジタルサイネージ広告関連事業者
  • 【調査方法】CCIならびにデジタルインファクトが保有するデータ、公開データ、デジタルサイネージ広告事業にかかわる企業へのインタビュー調査。市場規模は、広告主によるデジタルサイネージ(上で表示される)広告媒体に対する年間支出総額(媒体費のみ)からおおよそを算出している。
  • 【調査期間】2019年8月~10月
  • 【分類】デジタルサイネージ広告を「交通機関」「商業施設・店舗」「屋外(OOH)」「その他」の4つに分類。
     
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]