Adobe Experience Platformでの顧客管理が強化、カスタマージャーニーの最適化など新機能追加

リアルタイムのパーソナライゼーション、Photoshopにヒントを得たアナリティクスなど

アドビは、顧客探検管理(CXM)のためのプラットフォームとなるAdobe Experience Platformにおいて、カスタマージャーニーの最適化やインパクトのある体験の提供などの新機能を追加した、と11月14日発表した。

Adobe Experience Platformの新機能は、「広範なリアルタイムのパーソナライゼーション」「Photoshopにヒントを得たアナリティクス」「データガバナンスの最適化」「オムニチャネルのジャーニーをリアルタイムでオーケストレーション」などとなっている。

Adobe Experience Cloudは、エクスペリエンスのためのデジタルコンテンツの制作からマーケティング、広告、アナリティクス、コマースを含む包括的なソリューションで、すべてのタッチポイントやあらゆるチャネルを通し、魅力的なB2C/B2B/B2Eエクスペリエンスを一貫性と継続性をもって提供する。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]