CRMツール「クライゼル」に新機能、サイト上のアクセスデータとクライゼルのデータを自動統合で可視化

トライコーン、クライゼルの新たなオプションとして「クライゼルCDP」の提供を開始
岩佐 義人(Web担 編集部) 2019/10/30 17:07

セプテーニ・ホールディングスの子会社でSaaS形式のCRMツールでマーケティング支援を行うトライコーンは、同社のCRMツール「クライゼル」の新たなオプションとして「クライゼルCDP」の提供を開始した、と10月29日発表した。

クライゼルCDPでは、クライゼル内に格納している顧客データと企業のサイト上の顧客アクセスログなどを自動で集約し紐づけたうえで、顧客の行動や属性をダッシュボードで可視化する。

企業は、出力されたデータから、ホットリードのリスト化や顧客分析が可能となり、メール配信設定など、より最適なマーケティング施策を実行することができる。トライコーンは今後も、本オプションを含め、クライゼルの様々な機能を提供することで、企業のCRM活動を総合的に支援していく。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]