テレビCMと「YouTube」広告の到達が分かる「TV×YouTubeクロスメディアリーチレポート」開始

インテージ、テレビとデジタルによるクロスメディアの広告キャンペーンの状況が把握可能

マーケティングリサーチ・データ解析事業のインテージは、テレビCMと、「YouTube」などデジタル広告の到達状況が分かるサービス「TV×YouTubeクロスメディアリーチレポート」を始める、と6月27日発表した。広告主や広告代理店は、テレビとデジタルによるクロスメディアの広告キャンペーンの到達状況が把握できる。

同レポートではパソコン、モバイルといった複数の機器をまたいだYouTube広告の正確なリーチを計測。インテージのテレビCM接触率のデータと合わせ、実績データから構築した高精度な推計ロジックでテレビCMとデジタル広告のクロスリーチを算出する。広告キャンペーンのターゲット属性(性・年代)のリーチも提供可能。

 

 

計測メディアはテレビCM、YouTube、Googleのディスプレイ広告「Googleディスプレイ ネットワーク(GDN)」。エリアは東名阪で、18~69歳の男女を対象にする。機器はテレビ、スマートフォン、パソコン。費用は30万円(税別)からとなる。インテージは今回のYouTubeを第1弾にし、今後計測対象メディアを随時拡大していく。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]