画像軽量化ツール「LightFile」の新バージョン展開開始、新たにPNGファイルに対応

アイデアマンズ、従来のJPEGファイルと同様に最適化、見た目を損なうことなく減色
よろしければこちらもご覧ください

ソフト開発のアイデアマンズは、同社の画像軽量化ツール「LightFile」の新バージョン「4」の展開を3月8日に始めた、と同日発表した。新たにPNG形式のファイルを対象にした。ウェブサイトで重くなりがちなPNGファイルも、従来のJPEGファイルと同様に最適化。単純な再圧縮と違い、自動で画質を制御する。

PNGファイルへの対応の要望が多かったことから開発した。PNG画像を軽量化すると画質が悪くなりやすいが、画質を優先した処理を念頭に、画質を落とすことなくファイル容量を削減できるようにした。見た目を損なうことなく256色に減色。人間の目には知覚しにくく減色することで大幅な軽量化が可能になる。

ただ、減色によって一定の画質を下回る場合は処理をやめ、画質の過度の劣化を防ぐ。LightFileは、画質を維持しながらファイル容量を大幅に減らすツールで、人工知能(AI)ソリューションを利用し、人の目で判別できない水準で画質をコントロールする。定額料金となり、アパレルECサイトなどが導入している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

metaタグ
HTML文書のhead要素に配置されるタグで、ページを記述している言語や文字エン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]