WACULが社内研究所「WACUL Technology&Marketing Lab.」設立、「AIアナリスト」改善

調査リポート「スマホ時代のEC市場の将来とECの検索窓から見たベストなUIの提言」公表
よろしければこちらもご覧ください

人工知能(AI)によるマーケティングツール開発のWACUL(ワカル)は、社内研究所「WACUL Technology&Marketing Lab.(テクノロジー&マーケティングラボ)」を設立した、と2月27日発表した。最初の活動で調査報告「スマホ時代のEC市場の将来とECの検索窓から見たベストなUIの提言」をまとめ、公表した。

WACULテクノロジー&マーケティングラボは同社の取締役CIO(最高情報責任者)を中心にする。自社のビジネス・データ基盤に基づき、中長期的な事業発展に向けた研究や、ウェブマーケティングに関わる新たな勝ちパターンの研究を実施。AIによるウェブサイト分析ツール「AIアナリスト」の改善を推進する。

同提言は、アパレルECでのトップページ検索窓のUI(ユーザーインターフェイス)・UX(ユーザーエクスペリエンス)=ユーザー体験=と、CVR(コンバージョンレート)=最終成果率=との関係性について調査。サイト内検索をしたユーザーは、しなかったユーザーと比較してCVRが高いことなどを報告している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

オーガニック検索
検索結果ページに表示されるもののうち、検索連動型広告などの広告表示を除いた、いわ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]