CCI・アドビ・SpotXが動画広告取引で連携、CCIが扱うプレミアム動画広告在庫が対象

アドビとSpotXのプラットフォームを活用してプログラマティック取引環境を展開
よろしければこちらもご覧ください

電通子会社でインターネット広告のサイバー・コミュニケーションズ(CCI)とアドビシステムズ、動画広告配信プラットフォームの米国SpotXは、動画広告取引で連携する、と11月9日発表した。CCIが扱うプレミアム動画広告在庫を対象にアドビ、SpotXのプラットフォームを活用してプログラマティック(自動買い付け)取引環境を展開する。

アドビのデジタル広告統合管理プラットフォーム「Adobe Advertising Cloud DSP」と、SpotXの動画広告配信プラットフォームを連携。CCIが創出するブランドの安全性を確保した動画広告在庫の取引を行う。Advertising Cloud DSPを利用する広告主・広告会社は安心で安全な媒体への動画広告出稿と、適切な受け手へのリーチが可能になる。

SpotXを使用する媒体社は、ビデオオンデマンドとライブの両方の在庫で収益機会が得られる。動画コンテンツに動画広告を挿入して1本の動画に統合・配信する技術方式のSSAIでも、プログラマティック環境を適用。毎日放送、読売テレビで配信した。配信の技術的な支援と広告案件の販売をCCIが担当し、SpotXとアドビが協力して実現した。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ワイヤーサービス
プレスリリースを、メディアに配信し、さらにサービス事業者のWebサイトや提携メデ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]