インクリメントPがTableau Softwareに地図データと位置情報コンテンツの提供を開始

BIツール「Tableau」のマッピング機能強化、視覚的なデータ主導の意思決定が可能に
よろしければこちらもご覧ください

地図情報関連事業のインクリメントPは、データ分析プラットフォームのTableau Softwareに対して地図データと位置情報コンテンツの提供を始めた、と8月8日発表した。BI(ビジネスインテリジェンス)ツール「Tableau」向けとなり、地図データの精度が向上し、視覚的で包括的なデータ主導のビジネス意思決定が可能になる。

BIツールは、企業に蓄積された大量のデータを集めて分析し、迅速な意思決定を支援する。Tableau SoftwareはTableauのマッピング機能を強化するため、インクリメントPの地図データベース「MapFan DB」の地図データと各種位置情報コンテンツを採用した。同機能は小売業、自動車業、輸送業などの各業界で活用されている。

地図上に可視化された地理データの活用でユーザーデータと地理空間の関係性が高度に分析でき、インクリメントPのデータによってTableauで7桁の郵便番号や市区町村データの可視化などが可能になる。MapFan DBは商圏分析・エリアマーケティング、防災・災害対策、交通計画などGIS(地理情報システム)分野で利用できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

PPC
クリック課金型の広告の総称。しばしば、検索連動型広告のことを指して使われることも ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]