「dfplus.io」に「Googleショッピング広告」のデータフィードを自動作成する機能追加

フィードフォースの商品データマーケティングSaaS、商品の特徴選択・入力でチューニング

データフィード・デジタル広告関連事業のフィードフォースは、同社の商品データマーケティングSaaS「dfplus.io」の機能を拡張し、「Googleショッピング広告」で必要なデータフィードを自動で作成する機能を加えた、と8月8日発表した。データフィードは、保有する商品データを配信先のフォーマットに変換して送信する仕組みを指す。

インポートした取扱商品の基本的な特徴を選択・入力すると、Googleショッピング広告の仕様に合わせてチューニングしたフィードが自動的に作成できる。dfplus.ioはこれまでもGoogleショッピング広告フィードのフォーマットに対応していたが、新機能でより手軽にGoogleショッピング広告フィードを準備し、スムーズに広告配信できる。

dfplus.ioはフィード広告のパフォーマンスを引き出すためのデータフィード統合管理プラットフォーム。管理画面から容易にデータフィードが運用可能で、Googleショッピング広告や「Criteo」「Instagramショッピング」などさまざまなマーケティングチャネルにまとめて商品データを展開できる。無料トライアルプランも用意している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]