Twitter広告出稿用のキーワードとハンドルを自動生成するツール「ONE TAP TARGE」をユニメディアが提供開始

グループ会社のアンタスと共同開発、100社限定でサービスを無償提供
岩佐 義人(Web担 編集部) 2018/7/6 18:12

プロモーション事業のユニメディアは、グループ会社のアンタスと共同開発した、Twitter広告出稿用のキーワードとハンドルを自動生成するツール「ONE TAP TARGE(ワンタップターゲ)」の提供を7月4日に開始した、と同日発表した。発表と同時に100社限定でサービスの無償提供を行う。

ONE TAP TARGEは、広告の訴求軸やコンテンツに合わせたターゲティングを自動で生成し、さらにそれを無限に拡張させていく独自ロジックと、機械学習を行う。「最新のTweet Data」「最新の単語リファレンス」「最新の単語要素データ」の3種類を学習データとして採用し、常にトレンドを捉えた学習を行うことで、類似度の高い周辺キーワードや関連性の高いハンドルを自動で生成・収集が可能。

Twitter広告の運用において、各業種でメインとなるキーワード、ハンドルが決まっており、入札競争が激化している。ユニメディアとアンタスは、サービス提供を通じて広告運用シーンにおいて、さらなるパフォーマンスの向上と業務効率化を支援していく。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]