DACやアイレップなど、次世代のクリエイティブ技術を研究開発する横断組織「CTL」を発足

DACホールディングス、DAC、アイレップ、博報堂アイ・スタジオ、トーチライト、ユナイテッドが参画、各社が持つ技術と制作力を結集
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告事業会社を傘下に持つD.A.コンソーシアムホールディングス(DACHD)は、新組織「D.A.Consortium Holdings’ Creative Technology Lab (CTL)」を発足した、と5月28日発表した。子会社が持つ技術と制作力を集めて次世代のクリエイティブ技術を研究開発する。

CTLは、デジタル広告のプランニング、制作、オペレーションなどの効果と効率向上といった広告主や広告会社の課題解決を目指すもので、次の4つの領域を対象として研究開発の取り組む。

・クリエイター
・プランナー・ストラテジスト
・アナリスト・データサイエンティスト
・トレーディングデスク

メンバー企業は次のとおり。

・D.A.コンソーシアムホールディングス
・デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
・アイレップ
・博報堂アイ・スタジオ
・トーチライト
・ユナイテッド

各社が持つ技術と制作力を結集して横断組織として進めるほか、
・オープンイノベーションの活用による未来のデジタル広告を研究するDACHDのグループ「DAC Open Innovation Lab」
・博報堂の「スダラボ」
とも連携していく。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CSR
Corporate Social Responsibilityの略。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]