MAツール「List Finder」が名寄せ機能などを強化、料金プランも刷新

イノベーションが顧客データに属性を付与し、属性情報は2か月ごとに更新

法人営業事業のイノベーションは、マーケティングオートメーション(MA)ツール「List Finder」の機能追加と料金プラン刷新を行い、4月1日より提供を開始する、と3月6日発表した。追加する機能は、顧客データに法人番号、URL、業種などの属性を付与する名寄せ(同じ人をまとめる作業)と属性付与などで、付与する属性情報は2か月ごとに更新する。

List Finderの機能追加は、名寄せと属性付与のほか、名刺のスキャンとデータ化がある。紙の名刺を預けるだけで、スキャン・データ化を代行し、List Finderにインポートする。都内23区のスキャンは訪問して対応。それ以外は郵送で対応する。このほか有望な見込客を絞り込んでアプローチリストを作成する「アプローチ管理」やメール配信機能の強化などがある。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UGC
同義語 の「CGM」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]