トランスコスモスが顧客との会話ログとマーケデータを一元管理して広告配信に利用可能に

コンタクトセンタープラットフォーム「Contact-Link」とDMPサービス「DECode」を連携

ITアウトソーシングサービスのトランスコスモスは、電話、ウェブサイト、SMSなどでの顧客との会話ログと、「LINE」「Facebook」「Twitter」などさまざまなチャネルで収集したマーケティングデータを一元管理して広告配信に生かせるようにした、と2月26日発表した。これまでサイトの行動履歴の活用が主流だった広告配信にコンタクトセンターに蓄積した会話ログの利用を加え、DECode経由で各種の広告プラットフォームに広告が出稿できるようになった。

クラウド型コンタクトセンタープラットフォーム「Contact-Link(コンタクトリンク)」とDMP(データマネジメントプラットフォーム)サービス「DECode(デコード)」を連携させた。Contact-Linkは電話、ウェブ、SMSなどで顧客との双方向コミュニケーションを実現し、複数チャネルの対応履歴が管理できる。DECodeはウェブ、EC、コールセンター、SNS、チャットなどのチャネルで収集したコミュニケーションデータをクラウド上で統合し、分析・活用を可能にする。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

O2O
O2Oは「Online to Offline」の略で「On2Off」と表現される ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]